親戚に送る席札メッセージに書く内容

                                                                  席札はどの席に座ればよいかを示しているだけでなく、メッセージを伝える重要な役割を担っています。

なかなか会えないため書く内容に困りがちな、親戚へのメッセージ例文などを見ていきましょう。

席札の役割は名札ではない?

席札とは、結婚式の招待客の名前が書かれたカードのこと。

結婚式の披露宴で招待客が座る席に置かれており、招待客は自分の名前の席札のある席に座ります。

名前だけでなく、新郎新婦から招待客に宛ててメッセージを添える役割もあるものです。

その際は、メッセージがほかの人に見られないよう、二つ折りにして内側にメッセージを記載するのが一般的。

席札の形は様々あり、新郎新婦のアイディアやセンスで決めてOK。

親戚へのメッセージ内容

家族や友人など、お互いのことを良く知っている間柄や頻繁に会う関係であれば、メッセージを書くのは難しくありません。

しかし、数年に1回会うくらいの親戚であればなかなかメッセージを考えるのは難しいもの。

なかなか内容が思いつかない親戚へのメッセージは、「幼い頃のエピソード、親戚のことをどう思っていたか」「周囲から聞いた親戚の良いイメージ」などについて書くとよいでしょう。

思い出話に困った場合は両親にヒアリングするのがおすすめ。

親戚への席札メッセージの内容

親戚に宛てたメッセージ:来てくれたことに対するお礼、個別の思い出や昔話、今後もお世話になることについて堅苦しくならないような口調で。
幼い頃の思い出例:一緒に遊んでもらったこと、どう思っていたか、など。
周囲から聞いた話やイメージ例:オシドリ夫婦、思いやりを持った人、誠実な人、など。

席札メッセージの注意点

文の長さはできるだけ招待客皆同じくらいにし、偏りのないようにしましょう。

ほかの人のメッセージが見えてしまい、自分のメッセージ量が短いと比べてしまう可能性があるためです。

ほかの招待客のメッセージと同じにしないようコピペは控えます。

その人だから通じる思い出話を一つ盛り込むだけで、特別な感じになり喜ばれるでしょう。

句読点は「切れる」「終わる」という意味を連想するため使わず、また、忌み言葉や重ね言葉も入れないよう注意します。

親戚へ心を込めて席札を作ろう

席札のメッセージ作成は、出席する招待客が多いほど時間も手間もかかるものですが、手間がかかることがわかる分、招待客ももらってうれしいものです。

早めに準備できるものであるため、招待客が固まり次第早めに準備をはじめましょう。