ご祝儀に込められた意味とは?

  結婚式にあまり出席した経験がないと、ご祝儀の金額や袋選びなどで悩んでしまうことがあるでしょう。
そこで、ご祝儀を渡す意味やご祝儀袋に込められている意味について解説します。

ご祝儀とは?渡す必要性とは

ご祝儀とは、もともとは、お祝いの儀式を指す言葉でしたが、親族や友人などが結婚する際にお祝いとして渡す金品のことが一般的です。

ご祝儀は、新郎新婦が招待客をもてなすのにかかる食事代や会場費に加え、お祝いする気持ちとして金額をプラスするのがマナー。

ご祝儀を渡さなかったり、あまりにも安い金額を渡すのは非常識と思われる可能性が高いです。

ただし、会費制結婚式の場合はご祝儀が不要となります。

ご祝儀はいくら包むもの?

「2人の仲が割けないように」という意味を込めて贈る金額は奇数にするのが一般的。

結婚式に出席しない場合は1万円、友達の結婚式に出席する場合は3万円、親族の結婚式には5万円が相場とされています。

ご祝儀の金額に正解はなく、新郎新婦との関係性や年齢、これまでどれくらいお世話になったか、今後のように付き合っていきたいか、また相手をお祝いする気持ちによって包む金額は異なります。

ご祝儀袋に込められた意味とは

ご祝儀袋にも格が存在し、包む金額に見合った袋を用意する必要があります。
結婚のご祝儀としては、豪華で派手目なものが適切。
印刷のみの袋はNGですが、欠席する場合は印刷でも問題ありません。

・のし:のしあわびが簡略されたもので縁起が良く貴重なもの。お祝い事で使い、お悔やみでは用いない
・水引:飾りひものこと。一度結ぶとほどくのが難しい「結び切り」「あわじ結び」がよい。色は金銀または紅白を選ぶ

ご祝儀袋を書く際の注意点

ボールペンや万年筆は使わず、筆ペンや毛筆で書きます。

筆ペンは濃い黒のタイプを使いましょう。

薄墨のものは、「悲しみの涙で墨が薄れた」という意味合いがあり、お悔やみの際に使うもののため避けます。

お祝いの名目は、「結婚御祝」「御結婚祝」などのように4文字の言葉を避ける必要があり、「四」文字は「死文字」とされ、お祝いの場に適さないためです。

ご祝儀に込められた意味を知ろう

ご祝儀には様々な意味やマナーがあり、慣れないうちは戸惑ってしまうことも少なくありません。

しかし、うわべだけでなくご祝儀に込められている意味を把握することで記憶でき、いつ結婚式に呼ばれても焦らずに済むでしょう。