ビジネスホテルの予約方法やマナーについて

                                                                  はじめてビジネスホテルを利用する人は、どのように予約をするのか、宿泊するのか、流れが分から不安になることもあるでしょう。
そこで、ビジネスホテルを予約する方法やキャンセル料などの注意点、チェックインとチェックアウトの方法などを紹介します。

ビジネスホテル予約方法

ビジネスホテル予約する方法は、旅行会社もしくは予約サイトを経由して申し込む、ホテルに直接申し込むといった3つの方法が挙げられます。

旅行会社や予約サイトを利用する場合は、利用者が宿泊するホテルと交通手段を同時に申し込むことが可能です。

または、宿泊するホテルの予約だけを行いますが、いずれの場合も旅行会社が申し込みを受諾すれば予約は完了します。

予約が成立したあと、約1週間以内に予約金を支払うか、クレジットカードで料金を支払うことで正式に契約成立となる流れです。

ビジネスホテルに直接申し込むケースでは、ウェブサイトの申し込み専用ページ、もしくは電話で申し込みを行います。

ウェブサイトから申し込む場合はクレジット払いもできるため便利ですが、現地で支払うことも可能です。

キャンセル料については、旅行会社やビジネスホテルごとに異なります。旅行会社や予約サイトから予約を行った場合、宿泊と交通機関のセットであれば宿泊予定日より20日以内、ホテルだけを予約した場合は3日以内にはキャンセル料が発生することが多いです。

また、予約金を支払った場合には、予約金の一部もしくは全額がキャンセル料に充てられます。予約金を支払っていたとしてもキャンセル料金が足りない場合には、追加で請求されることが一般的です。

ビジネスホテルへ直接申し込みをした場合、キャンセル料の条件は異なります。

例えば、宿泊当日のキャンセルは宿泊費の8割、連絡をせずキャンセルした場合には宿泊料金の全額、前日であれば2割などさまざまです。

ビジネスホテルを予約する際には、キャンセルに関する条件をしっかりと確認しましょう。


ビジネスホテルに泊まるまでの流れ

ビジネスホテルへ泊まる際の流れは、チェックイン、宿泊、チェックアウトとなりますが、チェックインとチェックアウトに関してはホテルによって種類が異なります。

主に4つの種類があるため、宿泊するホテルの方形式に当てはまるものを確認し、スムーズに手続きを行いましょう。

チェックインについては、アーリーチェックインとクイックチェックインです。アーリーチェックインは、宿泊する当日の13~16時に受付を行う方法であり、宿泊するビジネスホテルのチェックイン開始時間のなかで最も早く行われ、基本的に追加別途料金が発生します。

クイックチェックインは機械で行うチェックイン方法で、基本的にホテルの会員やリピーターが利用するものです。

ビジネスホテルのフロントで会員カードを提示したり、氏名や電話番号を伝えたりすることによって、登録されている情報をもとに簡単にチェックインできます。

なかには、ロビーに自動チェックイン機が導入されているところもあり、スタッフとやり取りをせずにチェックインや料金の支払いを済ませることが可能です。

チェックアウトの種類には、レイトチェックアウトとクイックチェックアウトがあります。

レイトチェックアウトとは、宿泊の最終日や滞在中に外出をする際に行われるもので、ビジネスホテルは10~11時にチェックアウトをしなければレイトチェックアウト扱いとなるケースが多いです。

レイトチェックアウトをすると、超過時間ごとで別途料金が発生することも珍しくありません。

クイックチェックアウトは、自動チェックアウト機を使用する方法と、フロントで手続きをせずロビーに設置された箱などにキーを入れておくことでチェックアウトが完了する方法があります。

ビジネスホテルでのマナー

ビジネスホテルを利用する際のマナーは、部屋の中でのマナーと館内でのマナーがあります。

部屋でのマナーは、備品を持ち帰らないこと、チェックアウトの際にはタオルやシーツを適度に片付けたり整えたりすることです。

ビジネスホテル館内でのマナーは、部屋着やスリッパで歩かないことが挙げられます。

また、チェックアウトの際、ホテルマンのチップを支払う必要はありません。ビジネスホテルの場合は、サービス料込みの価格となっているケースが一般的であるためです。

自分に合ったビジネスホテルを選ぼう

ビジネスホテルの泊まり方の基本である流れやマナーを知っておくことが非常に重要ですが、予約をする際には宿泊先を選ぶためのポイントを押さえておくことも大切です。

仕事先の場所から近いか、部屋や館内はリラックスできる空間かなどを確認しましょう。