クリック率が上がるSEOタイトルの作成方法 

                                                                  

「コンテンツSEO」の戦略ポイント

事業との整合性

Webサイトを開設する目的は会社により異なります。
「コンテンツマーケティング」を実施する意味合いも様々です。

例えば、オンラインショップを行うのであれば、
開催目的は、売り上げの向上を狙い、BtoCやBtoBを主体にする企業にとって、

① 見込み客の獲得(リードジェネレーション)、
② 見込み客の興味を喚起させる(リードナーチャリング)

などが考えられます。

また、展示会への出店や、広告に比べ、「コンテンツマーケティング」は、
低コストで実施できる、メリットもあります。

また、どの企業においても「コンテンツマーケティング」を行う狙いとして
共通しているのは、コンテンツを作成し、「ブランドの知名度を向上させる」ことです。

このように、自社の事業戦略と、「コンテンツマーケティング」の
整合性があるかを、見極める必要があります。

目標設定

コンテンツSEOを始める前に必ず行うべきことは、重要目標達成(KGI)の設定です。
KGIとは、多くの組織やプロジェクトが達成すべき最終目標を定量で指標化したものであり、商品販売であれば売上増加数値をゴールとして設定することです。
まずゴールを明確に数値化し、その進捗状況を段階ごとに評価していきます。
このプロセスが最も需要なことであり、目標設定なしで始めた場合や不十分な目標設定で実施した場合と比べると、社内的な意識のまとまりや団結力に大きな差が生じます。
曖昧な理念や漠然とした目的のようなものではなく、しっかりとした目標を定義することがコンテンツSEOを成功に導く鍵となります。

ペルソナ設定

関係者や担当者間の認識が共通になっていない状態で進めてしまうと、ターゲット像のイメージが曖昧になってしまいます。
そこで3C分析の結果などを参考にして、ターゲット像の理解を深めるためにペルソナを作成します。
ペルソナは実際にその人物が存在しているかのように、年齢、性別、居住地、仕事内容、年収、価値観、生い立ち、ライフスタイルなど、よりリアリティのある情報をできるだけ詳細に設定していきます。
リアルで具体的な人物像を設定することができれば、社員全員が共通のイメージを持つことができ、精度の高いペルソナは精度の高いユーザー視点を持つために製品開発の完成度に影響し、プロジェクトの方針もより明確となります。

このように適切なペルソナの設定は大きなメリットを生みますが、誤ったペルソナを設定してしまう危険性もありますので、その作成には充分な注意が必要となります。

コンテンツSEOのやり方・手順

コンテンツの量と継続性がなければ検索ユーザーのアクセス数が伸び悩むことは明白です。
そのような結果にならないためにも、コンテンツSEOでまずやること、そして継続的にやることは、コンテンツを追加することです。
シンプルなことですが、何よりも最優先すべきこととなります。
コンテンツの追加が滞ることになれば、成果を実感する前に終わってしまうというパターンに陥ります。
ただし、コンテンツを追加するからといって、どんな内容でも良いとはいえません。
ランチの内容といった日常のことであったり、趣味のことであったり、自社の事業と全く関係のないコンテンツを追加したとしても効果的なアクセスは一向に増えることはないでしょう。
このような日常報告的な発信は、リピーター対策やSNSの投稿ネタとして活用できますが、SEO対策としては効果はほとんどありません。
つまり、ユーザーのニーズ(悩みや疑問など)を把握し、競合分析などによってユーザーに必要とされるコンテンツを作成することが大切となります。
それにより結果的に検索エンジンにかかり、ランキングの上位を獲得できることにつながります。
自社のお客様の役に立つコンテンツを配信することにこだわり、常にユーザー視点を忘れないように心がけましょう。

キーワードの配置

まず最も大切なポイントは、「キーワードは文章の前の方に配置する」ということです。これは、タイトル・見出し・本文の全てにおいて共通して言えます。検索エンジンは、タグ内で前の方に配置された文言を、より重要度の高いキーワードであると認識する傾向があります。このため、例えば「中古車 買い取り」というキーワードであれば、「中古車の買い取りは~」というふうに出来るだけ文の前の方に入れます。
続いて、複合キーワードを配置する時のポイントです。キーワードが複数ある時は、キーワードとキーワードの間をなるべく詰めて配置します。キーワードの間隔があいていたり、句読点をまたいでしまうと、検索エンジンにキーワード同士の関係性を読み取らせることが困難になってしまうのです。
キーワード同士が近くに配置されているほうが、検索エンジンは文言同士の関係性がより強いと認識します。
また、キーワードを入れる時には、あまり詰め込みすぎないよう気をつけたいものです。強調させたいあまりに、文中で何度も同じ文言を繰り返したり、文の流れに合わない言葉が並んでいるようでは、読み手に不快な思いをさせてしまいます。そればかりか、検索エンジンで違反行為として判定されてしまう恐れもあります。読む人の立場に立って、自然な文章の流れの中でキーワードを配置するようにしましょう。